kumakuma-blog

桐生 有隣館   さくま

もうすっかりおなじみ、桐生のSOSというイベント
朝は早かった、7時に吹上のスタジオに集合して、桐生へ向かった、運転はチャーリー、BGMは新しいアルバム「秋ってなに色」のサンプル盤!最後の汽笛という長野をテーマにした歌の時、晴れ渡った、空の向こうに、浅間山がはっきりと見えて、みんなで感動した。
会場は有隣館(ゆうりんかん)だ、いつもはバンドのイベントだけなのだが、今回は桐生の街をあげてのイベント期間で、うどん屋がでたり、コロッケがあったり、ファッションを展示してたりして、楽しかった。
リハーサルの時に、共演するバンド(カラーズ)のドラムに会って、彼は昔僕が参加していたバンドでドラムをやっていた、ようするに、一緒にステージに立っていた男だ、はじめは冗談で「今日ドラムいないから1曲たたいてよ」と僕が言った、彼も冗談まじりに「いいよ、そのかわり高いよ」なんて言われて、そしてリハになって彼を呼んだ「マジでやるの?」と言った、そう彼は本当に冗談だと思っていたらしい、僕は本気だったから、おもしろくて、そして「いいから、やるよ」と言ってやってみたら、初めて合わせるのに、うまくいった。「じゃあ本番もよろしくね」ってことになった。
午後2時、イベントもピークになったころ、酒蔵(バンドの会場)で1番目がはじまった。ストローは2番目、お客さんもたくさんになった。そして「元気」「usuallove」と続いた、そして「こな雪はスローモーション」を歌って、「今日は文化の日、そして桐生という街でこんな素敵なイベントがある、僕の街、吹上もかつて、いいイベントがあったって話をした。EVEというスタジオがあって、そこで数々のバンドが出てライブや野外ライブをやった時期があった、僕はまだ中学か高校で、一緒に出ていたのが、デビュー前のユニコーン、エレファントカシマシ、ミスターチルドレン、聖飢魔?供?等々、そして、アマチュアで活躍していたのが、僕がやっていた、ストリングス、そしてエリーゼというバンド、そのエリーゼのドラムが今はカラーズというバンドをやっていて、今日出ます、そこで、1曲彼に手伝ってもらいたいと思います。紹介しましょう、角田しんいちです!」と言って「Goodちょっとパラダイス」をやった。会場も立ち上がる人がでて、盛り上がった!そして最後に「さよならも言えなくて」で幕をおろした。そして夜8時終了。その後、僕らは、今ストローの後援をしてくれている人の誕生日会で、桐生の清流園という場所にいった、そして誕生会をして、メンバーでそこの風呂に入った。寝不足だったが、充実した1日だった。明日は柏市の二松学舎大学の学園祭だー!がんばるぞ!

"
< Previous Article    To List    Next Article >