kumakuma-blog

SAKUMA Diary

18.1.7 新春ご当地キャラクター歌合戦 

今年からスタートした新春ご当地キャラクター歌合戦です。場所は、墨田にあります、ユートリアです。今回は音響も担当させていただきまして朝搬入口へ到着、寒い早朝に搬入口につくと、どうも血が騒ぎますね元々16歳から舞台のアルバイトをへて、20代のころはローディーや照明・・・色々やってましたので、コンサートというと楽屋口ではなく、搬入口から入るのが自然になってます(笑)いまでも、ショッピングモールの搬入口をさがして一日がはじまりますからね。機材を入れてサウンドチェック出演者のみなさんもそれぞれ機材をもちよってリハーサルがスタート僕の出番は今回はムジナもんと遊ぼうもちろん我らがムジナもんも登場。幸せ運ぶまねきねここれはみっけちゃんと言問姐さんも参加していただき盛り上がりました。です。それ以外にも石田洋介さんの歌でコーラスで参加させていただいたり神崎さん、清水さん、田光さんとのトークのからみも最高に楽しかったです。司会の奇さんのモンブランのトークの受け流しは最高でした。そうそう、この日は一日吹上モンブランHIDEKIさんが出演していました。バンドの演奏も毎回素晴らしいクオリティで次回の4月28日のユートリアでのステージも楽しみです。見に来てくださった方本当のありがとうございました。-----...

詳細ページ

2018年3月11日に思う事

3月11日。毎年この日が来ると「歌」の力を考えさせられます。2011年3月11日東日本大震災がおこり、前日に渋谷マウントレーニアホールからの帰りに帰宅困難を経験して翌日11日の2時過ぎに帰宅。そして地震。日本でなにが起きたのか情報が混乱してわからない、さらに地震後はずっと停電が続きました。12日は金沢でのステージがあったので、わからないまま、車で交通規制の中、北陸へ移動したものの、翌日早朝に「本日のイベントは中止です」と電話。その後も3月、4月5月のステージ中止の電話が鳴り続けた。テレビでニュースを見ると心が震えうような映像の数々。「あの場所に行った事ある」という場所も沢山映し出され、そこが別世界のような映像で映し出された。「なんとかしなくちゃ」そう思う気持ちと「なにが出来る?」という葛藤の12日。歌が歌えないのなら、被災地に行こうとも考えました。でも道は閉ざされて、むやみな行動も出来ない状況。「このまま歌が歌えなくなるのかな」とも思いました。決まっていたラジオゲスト出演があったのですが、それもコンサートのお知らせをするゲストだったのに、そのコンサートも中止。いったいなにが出来るのか、無力さを感じました。そして思いついたのです「歌をすぐに届けよう」そしてゲスト出演の時間を使って、1日で書き上げた「命~2011からのメッセージ」を生放送の電波で歌いました。その反響は大きく、「親戚が宮城にいるからCDを届けたい」「岩手の友達に聞かせたい」数々のメールをいただきました。そして売上全額チャリティのCDとして世に出すことを決めました。すぐにチャリティライブの声はかかり「また歌が歌える」と涙が出ました。でも今までのように楽しく歌おうとか、歌っていると気分がいいな、とかそんなものではなく、「歌で心に安らぎを届けたい」という気持ちに変わっていました。その後はNHK第一放送全国放送のラジオでも流れて、それを聞いた方が「歌いに来てほしい」という事で、女川や気仙沼、石巻に歌いに行きました。翌年の3月11日は仙台東北大学を会場に行われた追悼式でも「命~2011からのメッセージ」を歌いました。その後も毎年FM NACK5では2時46分にこの歌を流していただいております。今でも大切にそして「少しでも被災地の方が笑顔になれるように」という想いだけで歌ってきました。津波で奥さんと女のお子さん2人を失った方が埼玉に避難していましたが、このCDを聞いて、CD一枚を持って東北へ帰っていったというお話も聞きました。福島で歌った時は「がんばって生きてみるよ」という声はさらに病院でのコンサートでは「もう少し生きてみようと思えたよ」という声をいただきました。歌の無力さを感じた2011年3月11日から7年、歌がもっている可能性がやっとわかるようになってきました。命をかけて生きている人がいる、だから命をかけて歌わないといけないんだ、そう思って歌い続けた7年。まだまだ本当の笑顔になれない人が沢山います。でも、ほんの少しでも笑顔の方へ向っていけるなら、僕はこれからも命をかけて歌っていきたいと強く思っています。本日はこうのすびっくりひな祭りのグランドフィナーレのステージを務めさせていただきましたが、2時46分には黙とう。3時からのステージの1曲目に「命~2011からのメッセージ」を歌いました。津波が実際に押し寄せたのは地震の15分~20分後、その時にこの歌を歌いながら、色々な想いがかけめぐってくる5分間の歌いでした。「誰かのぶんまで生きる命・・・」「必ず笑顔になれる命・・・」これからもそこにある大きな命、そして今はそこにないけれどかけがえのない命に歌い続けていきたいと思います。-----...

詳細ページ

18.1.6 ファイブイズホーム様 深谷東方店 大感謝祭

新年からファイブイズホームさんで歌わせていただけて光栄でした。しかも僕の高校がありました、深谷です。バラードからアップテンポから人生たまたま、いばらキラキラモンブラン、物まねバラエティに富んだステージになりました。控室がモデルルームなのですがすごく綺麗でいついちゃいそうな感じでした。国道から見えるように大きなさくまひできの看板も作ってくださっていて嬉しかったです。沢山の方が足を運んでくださり盛り上がった一日でした。日差しもあったかくて歌が青空に吸い込まれていくような日でした。家を買うならやっぱりファイブイズホームさんですね-----...

詳細ページ

18.1.5 毎日興業久喜アリーナ 新春ライブ

ついにアリーナ公演・・・と言ってもアリーナのエントランスでしたが、とってもあったかい気持ちのコンサートでした。今年初のライブという事で沢山の方が足を運んでくださいました。会場では卓球射的なるものがやっていて要するに卓球で景品を倒していくというもので難しかった~ライブは吹上モンブランひできも登場してお正月らしく盛り上がりました。体育館で試合をしている中学生もライブを見に来てくれて盛り上げてくれました。-----...

詳細ページ

18.1.4 FM NACK5 GOGOMONZ 電話レポートからスタジオ生出演

昨日に続き、本日も生電話レポートでした。本日は電話2か所、スタジオでのゲストという流れです。場所はやはり自分で決めましたが、昨年末にお会いしたドラマーであり、発砲スチロールのアート作家のヤジマキミオさんの作った巨大パンダとペンギンのアートがある川越市から早くから沢山の方が集まってくださっていて本当に嬉しかったです。しかもヤジマキミオさんも自転車でいらしてくださり電話中継がはじまると鬼丸さんもヤジマさんのアートを知っていて電話を変わりました。集まってくださった方も盛り上げてくださり、車から手を振ってくださる方もいて生放送のドラマを感じました。移動してさいたま新都心へ僕が組んだ予定があまかったようで時間に到着できなかったのですがコーナーを入れ替えてくださいました。さいたま新都心のコクーンシティの方も待っていてくださいました。僕が新曲を出すたびにステージを歌わせていただいた場所でしてその頃からお世話になっている方で到着するとすぐに車の置く場所はトークをする場所に案内してくださいました。しかもラジカセ片手にずっとGOGOMONZを聞いてくださっていて嬉しかったです。遅れて到着したのですが、待っていてくださる方もいて本当に嬉しかったです。途中でコクーンシティの方も電話出演したりして盛り上がりました。そしてスタジオへ移動ぎりぎりで到着してテンションあさみさんのコーナーをテンションひできでお届けする予定なのですが、ぎりぎりの到着だったので打ち合わせが出来ないので、コーナーをずらそうという話もスタジオであわただしくあったのですが「いつも聞いてますので、流れはばっちりです」と僕が言うとみなさん安心したようにはじまったゲストコーナーいきなりのテンションひでき・・・・楽しかったです。その後もエンディングまでスタジオにいさせていただき楽しかったです。別の場所で中継出演していた村田綾さんもスタジオにかけつけてくださりずっと見てくれていました。こうして2日間にわたって3か所のロケと1か所のスタジオ出演が終わりました。あらためて沢山の見てくださる方、そして聞いてくださる方さらに場所を快く提供してくださった方沢山の方に支えられている事を実感したお正月でした。-----...

詳細ページ

18.1.3 FM NACK5 GOGOMONZ 電話レポート

今年は三賀日からお仕事出来るなんてしあわせです。FM NACK5の人気番組 GOGOMONZの電話レポートです。しかも放送業界初のミュージカルレポートという事でギターを持って歌いながらのレポートでした。手づくりで看板も作っていどみます。場所は自分で決めさせていただいたのですが昨年古代装束絵巻でお世話になって、今年は秋の鎮守の杜コンサートにも出演させていただく埼玉県日高市にあります、高麗神社様からです。ものすごい参拝の方が沢山。僕も参拝させていただき、宮司さんともお会い出来てご挨拶できました。警備会社の方もつけてくださり本当になにからなにまでお世話になりました。電話中継がはじまった途中で神社にいる方との掛け合いで歌ったりして盛り上がりました。スタジオには小林アナさんがパッション謹賀新年という名前で出演していてますますにぎやかな放送になりました。沢山の方が見てくださっていて、それでも、電話レポートはスピーカーがないので一見みるとただ僕が電話している姿だけなんですよねライブになれてる自分としては、なんか不思議な感じでしたが最後は三遊亭鬼丸さんとさくまライブ告知の歌を即興でかけあいして高橋麻美さんがわりこんで、いつのまにやら終わってしまった楽しい放送でした。放送後は集まってくださった沢山の方にむけて生音ですが、「人生たまたま・・・さいたまで」を歌って盛り上がりました。1300年の歴史がある高麗神社様で新年初のお仕事が出来た事は本当に光栄でした。今年もいい年になりそうです。-----...

詳細ページ

17.12.30 レストラン オルトンの日記

2017年の最後のステージは毎月歌わせていただいております羽生のレストラン オルトンでした。今年の出来事ベスト10を紹介してそれにまつわる歌を歌うというスペシャルなステージでした。自分でも色々な事を思い出していいライブなりました。モンブランもゲスト出演お客様も満席でライブは立ってみてくださる方もいて本当にありがとうございました。2017年から2018年への可能性を見いだせたライブになりました。-----...

詳細ページ

17.12.23 横浜セラヴィ

クリスマスイブのイブです横浜セラヴィさんは今回で3回目です。沢山の方が足を運んでくださって本当に嬉しかったです。途中でサンタになったりしました毎年この時期はサンタになるのですが今年はこの一回、貴重なサンタでした。バラードありノリノリあり盛り上がったクリスマスイブのイブでした。-----...

詳細ページ

17.12.16 軽井沢冬物語 クリスマスナイトマルシェ 恵みシャレー

冬の軽井沢ですから、完全防寒して行きましたがやっぱり埼玉とは違いますねでも、この冷える感じが自然を感じてまたいいんですよね野外でのステージと室内でのステージ2回あるのですが、まずは外でのリハーサル音を作ってギターを弾いて歌うと不思議と自然の森の中に音が共鳴して行くような感じでした。こんなに音が澄んで聞こえた事がないというくらい不思議でした。日暮れの事に火がつけられてそこでマシュマロを焼いて食べられるというのでやってみました。マシュマロはあまり好きではないのですが直火であぶって食べると、外はカリッとして中はトロッとしていつものマシュマロとは思えないような美味しさになるんですね初めてしりました。手をべとべとにしていただきました。さて、本番は夜イルミネーションもついて綺麗な中で歌わせていただきました。お客様も寒い中最後まで聞いてくださって本当に嬉しかったです。芸人さんのこてつさんとのトークも楽しかったです。室内でのステージはあったかい中でしたピアノもあるので、弾き語りおしゃれな恵みシャレーさんのイベントで歌わせていただいてすてきな一日になりました。-----...

詳細ページ

17.12.15 東京ドームホテル レストランアーティストカフェ

毎月のレギュラーのレストラン アーティストカフェさんです。今回もギターとピアノフライミートゥザムーンはもう何回歌った事でしょうオリジナルの曲も歌い洋楽のカバーや日本のスタンダード曲をラウンジアレンジでお届けする30分の3回ステージ19時と20時30分と、21時45分です。是非豪華なお食事と、綺麗な夜景そして普段とは違う、おとなしいさくちゃんを是非見に来てください。-----...

詳細ページ