kumakuma-blog

市川サードステージ  チャーリー

はじめに、見に来てくれたみなさん、本日のストローはいかがでしたか。僕は今回のライブは特に素晴らしいものだったと思います。さくま氏のMCじゃないけどアンプラグド(今回のように生楽器がメインの演奏)の時はストリートライブの時のようにお客さんが身近に感じます。そして何より演奏してて楽しかった。この一言につきます。個人的にこの編成が好きだというともあるかな。今日はいろんな趣向を凝らしました。さくまのシンバル有りの、僕の足タンバリン有りの、小野の足ウィンドチャイム有りの、曲のアレンジ変え有りで・・・もっと多くの人達に見て欲しかったと思うのは贅沢でしょうか。でも何より見にきてくれた、そして見ていた人達が楽しんでくれてたら幸いです。そんな今日一日を簡単に書き記して見ましょう。
朝9時半スタジオ集合。軽くリハーサルするつもりが熱が入って出発時間がかなり遅れて入り時間をかなりすぎて現場に到着。(サードステージのみなさん、ごめんなさい!)急いでリハーサルをしてやっと一息。始まるまでの間、それぞれが食事などしてさらに落ち着いたところでみなさんがいらっしゃるのを心待ちしてました。演奏は今回5バンド中一番最後。どれほどのお客さんが残って聴いてくれるか心配でした。結果的には多少いてくれてたので良しとしましょう。演奏開始の時間が来ていよいよ本番。1曲目は「IBelieve」ほとんど客席で演奏してましたね。次に「エピローグ」歌ってると切なくなってきます。伝わったかな・・・。次にアレンジを変えた「この愛のエンディング」そして日本の夏にちなんだMCでつなぎました「遠い記憶」。続けてみんなで飛び跳ねた「グーチョキパー!!」楽しかった。そして最後の「さよならも言えなくて」。雰囲気にあおられて感情を爆発させてまいた。曲が終わってエンディングが流れて無事に終了。ライブハウスさんと次回出演の予定を打ち合わせてスタジオに帰りました。明日は宇都宮です。そしてあさっては戸塚。今回も連続で付き合ってくれる予定のお客さんがいますね。心から感謝します。では現地でお会いしましょう。

"
< Previous Article    To List    Next Article >