kumakuma-blog

初のディナーショー イン 北斗  さくま

6月も最後の日、5月5日埼玉会館のワンマンで大変お世話になった北斗五朗さんのお店で
初のディナーショーだった、16時からと20時からの2回ステージ、
朝8時に吹上のスタジオに集合して、通しリハーサルを行った、今回は小野がベースと足で
ウィンドチャイム(キラキラ鳴るやつ)そしてチャーリーがギターと足でタンブリン、僕は
ギターとピアノ、と結構こった構成になっていたので、万全のリハーサルが必要だった。
そして11時みずほ台駅前の北斗に到着、お店はしゃれたカラオケバーみたいな所だ!
セッティングをして、お昼はお店でおにぎりを食べた、音響はDreamBoxの藤崎さんと浅野さん
食べていると、どんどん話が盛り上がって、何故か店にあったゴリラのぬいぐるみに、太郎
って名前を付けて、「この太郎普通じゃないんだよー」「なにが?」「夜になると、毛が伸びるんだよ」って言って、大爆笑、それからそのネタでもちきり、笑いもやんだ午後3時、リハーサルに入った、お店も美味しい料理を用意しようと、沢山の人が動いてくれていた。
リハーサルを終えて、僕ら3人は居場所がないので、向かいの喫茶店にいた、入念な打ち合わせをして、4時50分お店の方にいって、ビックリ、当初お客さんが入るかどうか不安だったが、
なんと店の外まであふれて、食事をしていた、うれしくなった。
5時 北斗五朗さんの呼び込みでステージに上がった、後ろの方はもう座れなくて、立って見ていてくれた。
1曲目「星空のコンサート」をピアノで歌った、チャーリーのワン、ツー、スリーの合図で「愛>夢>愛」へ僕はギターに持ち替えた。 ラララーの所をみんなで歌ってくれたのも感動した。
挨拶をして、こなゆきはスローモーション、手紙 と続いた、そして夏の話題を話して、アドリブコーナーへ、お客さんのテーマで2曲作った、犬がしゃべった、保母さんになった、息子が社会復帰した、等話題がありすぎて、作るのにすごく大変だった、アドリブの時はすっごく精神集中しないと、いものができないからね!
そして尾崎の歌をピアノで歌った、「ILoveyou」何故この歌を選んだかというと、数日前の朝、目覚める瞬間にお告げがあった、よくあるんですよ、MAPって歌の歌い出しの詩も、窓辺の少女のイントロも、そう、不思議ですね
そしてMynameisって曲に、お客さんの名前を入れて歌った、続いてGoodちょっとパラダイス
みんな踊ったねー 最後はピアノで「さよならも言えなくて」 なんだか歌ってる自分も感動していた、でも涙で歌えなくなるのだけは、いけない、だって聞いてくれている人に失礼だ!
歌い手は詩をしっかり歌ってこそ、歌い手だ! そう言い聞かせて最後まで歌った。
アンコールは立ち上がって「HeyMrクライマー」「Mysongforeveryone」を歌った。
最高のステージだった、すごく達成感があった。終わった後のお客さんの顔も満足そうで、そごくうれしかった。
そしてすぐに第2部、2部は北斗の常連さん(カラオケ教室の生徒さん)でいっぱいになった。
これまた1部と違ったもりあがり、特にアドリブはネタが出る出る!1曲に5つもテーマもらって、つなげるのが必死だった。アンコールは北斗五朗さんの曲「津軽じょんがら流れ唄」を
1番チャーリー 2番小野 3番僕で歌った、あせったのは1番のチャーリーの歌い出しが出ない・・・やばいって思っていたが何とかごまかしてつないだ。何しろ1部、2部とも最高の盛り上がりだった。ストローの可能性が広がったことがすごくうれしかったのと、なによりも
終わった後、安楽亭で軽くみんなで食事をして帰る時、五朗さんが「ストローのお客さんはみんな、いい人だね、純粋で素直でいい子ばっかりよ」って笑顔で言ってくれたのが、うれしかった
「あたりまえじゃないですか!」って声に出せず、ただ笑った僕を見て、心の声に気づいたか、気づかなかったか、五朗さんはもう1度笑顔で「また、やろうな!」って言って、手をさしのべた。
今さっきまで、6月だった夜空が、急に夏の夜に変わった気がした。
さー!この夏もストロー、がんばるぞ!!

"
< Previous Article    To List    Next Article >