gooブログで掲載していました『クマクマ日記』はリニューアル。STRAW World Delivery2000(2000年からのツアー日記)やSAKUMA Diary(ソロ活動開始当時の日記)もご覧になれます。

18.6.17 長野県須坂メセナホール フォーエバーヤングの日記


2018/08/06の投稿

今年で8年連続で出演させていただいております
長野県は須坂市メセナホールでのフォーエバーヤングです。
朝ロビーコンサートの音響照明のセットをして
そのごに大ホールへ
リハーサルをして、出演者の方が入ってきます。
富澤一誠さんとはいつも同じ楽屋です。

辛島美登里さんと初めてお会いしましたが
素敵な方でした。
もちろん楽曲はずっと前から大好きで聴いていました。
そして、小椋佳さんは井上陽水さんの曲や、中西保志さんの曲
他にも、沢山好きな楽曲が沢山の方です。
ご挨拶したときも「はい、よろしく」と笑顔が最高でした。

サーカスさんはラジオのゲストにもいらしていただいたり
平塚カナフではありささん、高さんにも沢山お会いして
沢山沢山アドバイスもいただいている大先輩です。
もちろん大好きな歌「風のメルヘン」は小学生の頃のテレビで
毎週聴いていて心にジーンをきていた小学生でした。

ジョイントのリハーサルで舞台監督さんが
「ここで最後にさくまくんが登場して、ふるさとになります」って言うと
隣で辛島さんが「最初からいればいいのにね~」とやさしく声をかけてくださいました。

リハーサルを終えて、まずはロビーコンサートの準備
大ホールでの1曲だけでは・・・というお客様のお声をいただき
はじまったロビーコンサートも定番となってきました。

早くから待っていてくださる方で満席
発売したベストコレクションのCDを中心に
30分歌わせていただきました。
お客様があたたかくて
本当に嬉しかったです。

そのごホールへ移動して
すぐにオープニングの準備をします。
ステージそでで一誠さんと時を待ちます。

いよいよ開演
最初の登場が僕です。
「どこで暮らしていても」を今回はハープギターで歌いました。
毎回ここでこの歌を歌う時は
須坂の情景や、一誠さんのお母様の事を浮かべて歌います。

沢山の拍手をいただきました。

そのご、ステージそでから出演者の方を見て聴いて
勉強です。
入れの隙間でロビーコンサートの片づけをします。
そして、最後はジョイントの「ふるさと」
サーカスさんと辛島美登里さんと、小椋佳さんと同じステージで
歌える最高の時間です。
自分の声はどこにいればいいのかな
って考えて、ハーモニーの場所を探すのですが
今回はサーカスさんがいらっしゃるので、
どこにも空きがありませんでした(笑)
自分らしい声の所で歌わせていただきました。

こうして今年もメセナホールでの貴重な一日が過ぎていきました。
お客様にも沢山「よかったよ」と声をかけていただき
遠くから応援しにきてくださった方にも心支えられて
がんばれました。

93歳で3年前に旅立った一誠さんの
お母様もどこかで聴いてくれていたでしょうか。

どこで暮らしていても 心のふるさとは
いつも 母 ・・・


メセナほーる歌.jpgメセナホールりば.jpgメセナじょいんと.jpgメセナ出番前.jpgメセナ額亜y.jpgメセナロビーりは.jpgメセナ一世栄さん.jpgメセナロビーねつ.jpgメセナロビーぜん.jpgメセナホールうた.jpgメセナぜん2これ.jpgメセナサーカスさん.jpgメセナからしまさん.jpgメセナあくしゅ.jpg

アーカイブ

さっくまTV
Nack5
ラジオ大阪
歌ラジ
  •  
  •  
  • FB
  • TW
  • Ist