kumakuma-blog

Year 2006

TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド&クマクマパラダイス

志木市にPチェリーというお店があります。開店のお祝いで僕がステージをやったのは、1年前。そこになんとTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の中にある、毒蝮三太夫さんのコーナーが、やってくるというのです。僕もクマクマパラダイスの「ふるさと情報」というコーナーをやっていますが、その参考にしたのが、このコーナーなんです。そんなこともあって、勉強の為に出掛けてみました。ディレクターさんがリハーサルをしてくれて、見に来た30人くらいの人のテンションも上がってくる。10時半いよいよ本番。お店の外から、毒蝮さんが入ってくると、みんな拍手喝采。すると「うるさいよ!」と毒蝮さんの一言で、みんな大爆笑。毒舌で有名ですから、なにが飛び出るか僕も楽しみでした。楽しいトークで僕も笑いっぱなしでした。途中で「このお店がオープンの時に歌ったんです」と言うと、「じゃあ歌ってみてよ!」と言われて、「ただ見つめてただけの初恋」をアカペラで歌った。すると毒蝮さんが、「Pチェリーの歌を歌ってみようよ」と言って、いきなりアドリブで歌い出した。それに僕もハーモニーを付けたりして、盛り上がった。まさか毒蝮さんと一緒に歌うなんて思ってもいなかったので、感激でした。20分くらいの生放送が終わった後も、「なんて名前なんだい」とか会話をしてくれました。「さくまひできです」と言うと、「ひできち?」と言ってきて、「ひでき、です」「ひできちかー」とおかしかったです。帰る時も「じゃあなーひできち!」と手を振ってくれました。「せっかく歌ってくれたんだから」といただいた、バッジを胸に付けて帰りました。勉強になった貴重なひとときでした。そして毒蝮さんの気さくなお人柄に、すっかりファンになりました。またどこかで会えるように、がんばって行こうと思います。きっと、その時もまた「ひできち!」って呼ばれるんでしょうね(笑)...

詳細ページ

鴻巣こすもす祭り&熊谷ADAY

今年で3回目の出演になります、鴻巣(旧吹上)のコスモス祭り!地元という事で、沢山の方が見てくれました。会場で歩いていると、母校の吹上北中生に声をかけられたり、吹上中生に握手を求められたりと、さくまひできがしっかりと浸透してきているんだと思いました。リハーサルは特にやりませんでした。スタッフ黒澤さんに「外音と一緒だから」と言われたので、「じゃあ大丈夫です」と言った。要するにお客さんが聞く音が、そのまま僕のモニターに出ているという事だったので、長年の信頼で、そのままの音が出ていれば特にリハーサルはやらなくても大丈夫なんです。11時からのステージだったのですが、ちょっと早めの10時50分からステージははじまりました。いつものように30分くらいのステージかと思っていたら、「60分ね!」と言われて、ちょっとびっくり。昔だったら、すごくびっくりなんですが、今では、60分のステージって結構出来るようになってきたように思います。逆に「もうちょっと長くやりたいな」なんて思っちゃう事もあったりして(笑)。昔の吹上体育館、現在コスモスアリーナ、の壁際に作られた特設ステージから、土手の方を向かって歌うのですが、僕から見る景色がよくて、お客さんも沢山で、すごく気持ちがよかったです。歌っている途中で、セスナが銀テープを飛ばしながら飛んでいたり、グライダーが涼しげに風に乗っている姿を見たり、お客さんに申し訳ないなって思うようなドラマを実は見ていたんです。もちろん、お客さんの方もいっぱい見ていましたよ、180度に広がった沢山の方々を見つめて歌うと、ありがたい気持ちと、精一杯の歌声がどんどん沸いてきました。途中で僕の正面で立って聞いている新星堂の川端さんご夫婦に気が付きました。いつか紹介してやろう、って思いながらついにチャンスが来た。「舞姫」を歌う前のトークで、「好評なので、CD化出来るように進めています、CDが出た際は是非、新星堂でお求めください・・」と言って、紹介した。今日も舞姫を歌うと、会場の空気が変わって行く気がしました。最後の「ただ見つめてただけの初恋」を歌い終えると、アンコールがわき上がった。感謝の気持ちを話して、最後に「ChangeMyHeart」を歌った。2番からお客さんの方へと歩いて行った。舞台の後ろにしかスロープがなくて、そこから下りたのはいいのですが、植木があって、お客さんの方に出られず、「あれあれ、どこから出たらいいのかな?」と言って、舞台裏をまわって、出て行きました。携帯で写真を撮る人が沢山で、そのたびピースをしていました。握手をしたりして、会場を一周しようと思ったのですが、握手の手があまりに多くて、周り切れませんでした。握手出来なかった方、すいません。この握手の手が出ると、性分で全部しないと気がすまないんですよ(笑)なぜかと言うと、手を出して、握手出来なかった時のむなしさて言ったらないですよね、ミッキーマウスと一緒に写真を撮りたくて待っていても、違う人が来てしまって、なかなか撮れない。「今だ!」と思ってカメラを手に近づくと、また違う人が撮ってしまう、結局、時間がなくなって、ミッキーマウスが去って行ってしまう。そんな悲劇って切ないですよね、例えが変ですけど(笑)でも、それと同じ気持ちをあじあわせたくないので、見えた手はすべて握手出来るようにがんばってます。それでも気が付かない所で出来ない方がいたら、本当にごめんなさいです。CD即売の時は、川端さんが手伝ってくれたので、すごく助かりました。まるで新星堂のイベントをやっている錯覚になってしまいました。即売の時は見たことないような長蛇の列!!本当に嬉しかったです。普段は汗をかいたままサイン会が進むのですが、今回は後半の方、汗もすっかり引いてくる程、長時間のサイン会でした。これも嬉しい悲鳴です!これからも悲鳴を上げさせてくださいね(笑)風船とばしも参加して、式典でいらしていた、国会議員の方ともご挨拶をして「すごくいい歌声で、感動しましたよ」と言われました。さて、次は熊谷のADayです。前回、2月にやった以来だったので、すごく久しぶりでした。リハーサル中、マスターに「ジンジャーエール飲みますか?」と言われたので飲んでみると、すっごい!なにがすごいかって、ショウガの味がすっごくするんです。まさに本物のジンジャーエールでした。アルコールが入っている訳ではないのに、体がなんだかぽかぽかしてくるようなショウガパワーを感じました。そこで、今回のさくまプロデュースカクテル「舞姫」が誕生しました。このジンジャーエールとカンパリを混ぜたものです。4時半から本番スタート。今回は3部構成になっていました。第一部は「幼虫時代」と題して、さくまひできの昔の歌を披露しました。「愛を感じたい」ではじまり、「MAP~真っ白な地図~」と続き、「ISay」「THEEND」等も歌った。途中でジプシー時代の「モーニングサンシャイン」というポップな歌を歌いましたが、今歌うと恥ずかしいですね(笑)全6曲を歌い終えて、20分の休憩。休憩中はみなさんパスタを食べたり、サンドウィッチを食べたりでした。さて、第2部は「ベストヒットさくちゃん」と出して、さくまひできのベストソングを披露しました。「さよならも言えなくて」「遠い記憶」「Forever」「ラストシーン」「ただ見つめてただけの初恋」「青い地球」と途中にトークを挟む事もなく、たっぷりとバラードのステージでした。本当は途中にトークを予定していたのですが、この空気のまま行こうとその場できめて、さくまワールドを作ってみました。第3部は「色々」というタイトルで、色々な歌を披露。「出会えてよかった」「Goodちょっとパラダイス」「元気」と続きました。初めてライブに来てダンスをわからない方もいたので、一人ステージに出てきてもらって、踊りをやっていただきました。元気のダンスは、手の平で踊るのですが、この方は人差し指を立てて踊っていて、楽しかったです。それぞれ応用もOKですよね。アニメの歌「50%のバランス」も歌い、夢を見た話し。夢の中で「君の命はあと1ヶ月と告げられる。でも3つだけ願いを叶えてあげよう」と言われる。その時、あと1ヶ月しかない人生の切なさと、3つという難しい選択で、目覚めた後も考えていました。3つの願い・・・それはいったいなんなのだろう?人それぞれ違うと思うが、人生の終わりが見えた時の、願い事って、これこそが人生そのものなんじゃないかと思った。そして、その時に作った歌。「三つの願い」を歌った。最後は「ChangeMyHeart」で終わった。アンコールは「たった一人のアンコール」。さらに「舞姫」を歌って幕をとじた。全21曲の充実したひとときでした。その後はさらに、お店主催でのA-Dayディナーショー。お店のお客さんを中心に届けるステージでした。はじめにお店で毎週末にピアノ演奏をしている先生がいて、その方のオープニングアクトがあって、僕の登場。「たった一人のアンコール」「こな雪はスローモーション」と続いた。カバーのナンバーをやって、ピアノの先生と一緒に3曲披露した。「涙そうそう」「ヘイジュード」「青春の影」を歌った。会場からピンクレディーのリクエストもあって、「UFO」を歌った。このあたりから会場も盛り上がってきて、アドリブでマスターのお母さんの歌を歌ったりした。マスターのお母さんもすごくノリがよくて、楽しかった。後半は、突然お店に来てくれた(・・・っていう段取りなんですけど(笑))松井清をピアノにむかえたステージになった。アンコールもいただき、最後にピアノと歌で「オリオン」を熱唱。全15曲の夜のステージも無事に終わりました。今日は午前中からコスモスで歌い、熊谷で2回のステージをやって、落ち着いた頃には、もう夜11時でした。でも、疲れはなく、逆に胸の中が嬉しさでいっぱいでした。一日にこれだけのステージが出来る事、そしてそのすべてに見てくれる方がいるという事は本当に嬉しい事です。夜寝る時に、今日一日を想い出すと本当に笑顔になれます。コスモス祭りで聞いてくれた人の笑顔、携帯で一生懸命撮っていた子供の姿、握手を求めてくれた方、川端さんの「今日は休みでビールのんじゃってたんですけど、お手伝いしますよ」とクシャクシャにしたビールの紙コップをポケットから出して笑った笑顔、A-DAYでお子さんが書いてくれた絵、涙を流しながら聞いてくれた事、昼も夜も全部見てくれた方、マスターの本番前の控え室での楽しい会話、色々な想い出が出来た一日でした。そして、また明日から、沢山の方の心にさくまひできの想い出が残っていけるように、がんばっていきます!!今日なによりも面白かった事は、ピンクレディーをリクエストしてくれた方が、終わった後に、僕に一言。「さくまさん、すいません、ピンクレディー歌っていただいて、嬉しかったのですが、僕、ピンクレディーっていうカクテルを注文しただけだったんです」!!!!(笑)「そうだったんですか!!」と大笑いした。「でも、ちゃんと歌ってくれたさくまさんのお気持ち、すっごく嬉しいです、また必ず来ます!」と笑顔で帰っていきました。とんだ勘違いでしたが、それで一つ絆が出来たように思います。しかしピンクレディーってどんなカクテルなんでしょうね(笑)長かった一日を振り返って、今日も「おやすみなさい」...

詳細ページ

栗橋町 静御前まつり(舞姫、披露)

5月にステージをやって以来の栗橋町!前回は急遽お願いしてイベントを組み込んでいただいたのですが、クラッセ(駅前ショッピングモール)の会長さんがイベント好きだったので、すぐに決まったんです。そして、その打ち上げの時に「静御前のお祭りがあるんだよ」と聞いて「是非出演させてください」という事で、実現しました。しかもその時、「静御前の歌を作ります」と言った事で、なんと「舞姫」という幻想的で和風な名作が誕生しました。お祭りは駅前とクラッセで開催されるのですが、ものすごい人でした。到着して、まず、静御前のお墓をお参りしました。5月にお参りして以来、どこで屋外イベントをやっても雨が降らずにすんでいる事も静御前様のおかげだとお礼をして、今回は作品を作らせていただきました、とご挨拶をしました。今回の曲は出来たばかりなので、スタッフ以外は誰も聞いていなかったのです。そこで、出演時間前にCDショップ「あっぷる」で聞いていただきました。会長さんも店長さんも「これ、すっごくいいよ!」と絶賛してくれました。12時から本番。「青い地球」からはじまり、「出会えてよかった」「さよならも言えなくて」。ステージが進むにつれてお客さんも沢山集まってくれました。途中、パレードが通り過ぎたりして音量を小さくして歌ったり、パレードの紹介をしたり、お祭りならではの流れで楽しかったです。最後の「ただ見つめてただけの初恋」を歌い終えると、丁度、静御前と馬に乗った義経が駅前に到着しました。イベントはピークを迎え、ものすごい人波。そこで、静御前の山車がステージを向き、司会の方の紹介で、いよいよ「舞姫」が披露となりました。イントロがはじまると、まるでそこに静御前の魂が現れたような心が穏やかになっていくのがわかりました。「届けたい、あなたへの想い、時の流れ越えて・・」義経と深い愛をして、悲しくもすばらしい人生を送った静御前。命は尽きても、愛はきっと生き延びている、そんな気持ちを歌にしました。「雨よふれ、雨よふれ・・」とサビの部分ではこの歌が時代を越えていくような気さえしました。「愛は永遠に枯れぬ、命尽きても、黄金の空よ、静舞姫・・・」と最後のフレーズを空に向かって歌いました。会場のお客さんも、目の前にいる静御前も、義経も、そして空の向こうにいる、静御前も、義経も、静寂の中、会場が一つになった瞬間を感じました。ステージを終えた後も、「あの歌はすっごくいいです!」「CDはないんですか?」と嬉しい声を沢山聞きました。アーティストとして、意味のある歌を作れた時ってすごく生きてるって感じがします。まさにこの歌も、僕が作ったのですが、まるで静御前が舞い降りてきたように、なんの迷いもなくペンが走りました。そして、この歌が歌い継がれるように、CD化を考えています。いつもは今日という日、そして今という時間を思って歌っていますが、今日のステージはまさに、歌は時代まで越えられる事を知りました。クラッセの方々、本当にありがとうございました。そして、見ていただいた方、聞いていただいた方、ありがとうございました。これからも「ただ見つめてただけの初恋」「さよならも言えなくて」そして「いま守りたいもの」と同じように、しっかりと「舞姫」も歌い継いでいこうと思います。帰りにまた、静御前のお墓に手を合わせると、この空のどこかで「ありがとう」と聞こえた気がしました。...

詳細ページ

静御前に捧げる歌「舞姫」

10月21日に栗橋の静御前まつりに出演します。主催の方に依頼されて静御前の歌を作りました!完成です!義経との悲しき愛、雨を降らせた伝説、様々な出来事を知り、感動し、完成した作品です。悲しくも強い愛は、時代を越えて、今も尚、生きていると思います。タイトルは「舞姫」当日は静御前のパレードが駅前に集合してステージを向きます。そこで、2006年の栗橋の空気の中、時空を越えて800年前の静御前に捧げます。是非お楽しみに!!...

詳細ページ

新座OSCデオシティ(山野楽器)

7月以来の登場です。最近は朝起きるとちょっと肌寒さを感じますね。でも、ひとたび外へ出れば「今日もやるぞ!」という気持ちになるいい天気でした。今日は「こな雪はスローモーション」から始めてみました。もうこの歌を歌う季節になって来たんですね・・・ってちょっと早いけど(笑)ステージを終わった後に、「ただ見つめてただけの初恋、あれ、すっごくいいね」と声をかけてくれるご夫婦がいて、すごく嬉しくなりました。「クリスマスリング、是非歌ってください」という声もあって、2回目のステージまでの間、楽屋で練習しました。2回目も沢山の人が集まってくれました。こういうショッピングセンターでのステージは、お客さんが足を止めたり、去って行ったりが繰り返されるので、「足を止めてくれた!」っていう喜びと「あぁ!行っちゃうの~?」という気持ちで揺れ動きます。でも、最近はじっと聞いてくれている人もちゃんといるんだよ!って思うと、そして、その姿を見ると、安心して歌えます。「来てください!」って呼びかけも出来ないし、「行かないで~」って止める事も出来ないですから、「自分の一番」を披露するしかないんですよね。今日も、自分の一番を感じてもらえるように、精一杯歌いました。今日の髪型は、ワックスを付けて、ウェットにしてみました。衣装は、ひもがいっぱい付いたシャツ。楽屋で衣装に着替えると、スタッフが一言・・・「今日のさくまひできは、髪型が近藤正彦で、衣装が錦野あきらだな」だって・・・。何故今日は髪型を変えたのかって聞かれますが、これは朝の気分ですね(笑)新座OSCさんのステージは、僕にとっても、恒例の場所なので、また次回もがんばります。そして、いつか、いっぱいのお客さんにしてみせます!...

詳細ページ

加須市 むさしの村

秋の遊園地って大好きですね。今日はそんなむさしの村でのステージでした。建物を工事しているので、控え室が園内のホテルの中なのですが、今朝まで力士が泊まっていたって言うんです。お隣の街、羽生市の羽生場所があるようで、50人以上の力士さんが泊まって、満室だったようです。いつもステージをやらせていただいている羽生ルートインにも沢山泊まっていたようで、それ以外にも個人の家に泊まっている方もいたようです。朝青龍さんとかも来ていたようで、すごい!11時半からのステージは曇り空の中はじまったのですが、後半でお日様も射してきていい気持ちでした。14時半のステージも曇り空で始まったのですが、後半から太陽が出てきて、ちょっと暑いくらいの天気でした。「Goodちょっとパラダイス」の時はギターを弾いているので、僕は踊りが出来ないんです。そこで、ちびっこスタッフのゆうなちゃんと、友人のあずみちゃんを舞台に招いて、ダンシング!二人とも恥ずかしそうに踊っていましたが、さすがいつも一緒にまわっているだけあって、立ち位置(自分の立つ場所)はばっちりでした。僕よりも前でなく、後ろ過ぎず、丁度いい位置に自然に行きました。最後の「ただ見つめてただけの初恋」は揺れる秋桜を見て、紅くなってきた園内の木々を見て歌っていたら、すごく郷愁感がわいてきました。音楽に映像が入ると何倍ものパワーを持つ事は知っていましたが、まさに自分が黄昏の景色を見ながら、そして、さらに歌う、すごくいい循環でした。今度から、舞台の前に植物を置いて歌おうかな?(笑)そういえば、僕の前にある「さくまひできミニライブ」の看板にトンボさんもいっぱいとまって聞いてくれていました。昔からわんちゃんは立ち止まるは、蝉は来るはで、なにか不思議な力を出してるんでしょうかね?でも、みんなが集まってくるってすごくいい事ですよね。以前も見てくれた方や、行田のヤオコーで見た方や、さくまひできに再会をしてくれる方がすごく多くなって来て、本当に嬉しいです。これからも沢山の出会い、再会を繰り返して、ますますがんばっていきます!それには、一つ一つのステージを100%で挑む事ですね。また明日もがんばります!!...

詳細ページ

曲作ってます

朝目が覚めると、心地よい秋の風が吹く季節ですね。21日の開催の静御前のお祭り。その歌を今作ってます。当日は披露しますので、楽しみにしていてください。今日は銭洲亭のチケットの発売日、しかもすぐにソールドアウトでした。取れなかった方、本当に申し訳ありません。完売といううれしさと、見たくても見れない方がいる、申し訳なさがあります。でも、また銭洲亭のライブ考えていますので、楽しみにしていてください。最近なぜ、BBSがないの?って良く聞かれますが、匿名で語り合う場所って、いい面もあり、悪い面もあるんですよね。かつても沢山トラブルがあって、今はやっていないんです。面と向かって、「こうだ!」と言える世の中だった頃はよかったと思いますね。一言一言に責任があって、言ったからには、自分にもリスクがあって、そのリスクを背負ってでも語るから、説得力があって。今はリスクなく、言いたい事を無責任に言える、そんな事が多くなったような気がします。もちろん、掲示板って使いかたを間違わなければ、本当にすばらしい交流の場だと思います。ありもしない噂を大げさに振りまく事もよくありますね。芸能人を見ていても、「大変だな」ってよく思います。噂だけで、人を見る目が変わってしまうって淋しいですよね。僕の場合は真相を突き詰める為に、当事者と面と向かって語り合いますねー。もちろん、その分自分と仲が悪くなるかも!っていうリスクはあるのですが、それでも本人に確かめるまでは、真実ではないですよね。僕はまだ有名人でもないので、変な噂はたてられませんが、もしもありもしない事を真実のように言われても、信じないでくださいね。いつでも、僕の歌を心から気に入って聞いてくれるお客様が大切です。そして、最高の歌をこれからも素直に歌って行きたいと思っています。なんだか、話しが熱くなってしまいましたが、これからもがんばって行きますので、どうぞみなさん応援してください。では、最後によく皆さんに聞かれる質問にお答えしまーす。問:さくまさんって彼女いるんですか?答:いませ~ん問:さくまさんはなにを食べてるんですか?答:ほとんど外食です。たまに家で作ってます。問:結婚はしてるんですか?答:正確には、「していた」です。26歳で結婚して、29歳で離婚してしまいました。問:どういう性格ですか?答:すぐに落ち込みます・・・。でも自問自答して立ち上がります(笑)基本的に楽しい時間が大好きです。問:ステージと普段は違いますか?答:自分では違うと思わないのですが、人から見ると全然別人だそうです。どう変わるかというと、無口になります(笑)っていうか極度の人見知りなんですよね。毎日おとなしいですねー。でも楽しい事があると、はしゃいでます。問:今の夢はなんですか?答:いつも夢を描く時、いくつかあると思います。人生かけても大きな夢、そしてそこへ向かう前にハードルのような夢。今は12月のコンサートを成功させる事が夢ですね。もうちょっと先の夢は、全国のホールでコンサートツアーが出来る事です。さて、今日はこの辺で終わりたいと思います。僕を元気にしてくれるのは、みなさんの笑顔です。そして感動を持ち帰ってくれた時の心です。これからも精一杯がんばって行きますので、是非応援してください!!明日はむさしの村、がんばります。写真:秋用ポスターの撮影をした時の1枚です。...

詳細ページ

きんぴらごぼう

結構難しいんですよねーきんぴらごぼうって!まず切るのが大変です、でもそんな事言ってたら美味しいきんぴらにはたどり着けません。って言っても雑に切ってます。味付けは、醤油と砂糖、そして、極めつけは、お酒ではなく、泡盛!!これをたっぷり入れて、強火でアルコールを飛ばします。じっくり煮込めば出来上がり!あと隠し味で、ラー油をちょっと入れてます。是非みなさんもきんぴらを作る時は、泡盛とラー油でおためしください。ご注意:味の保証はいたしません(笑)...

詳細ページ

前回むさしの村にいたカメ

もしもしかめよ~かめさんよ~お前の頭はど~こにあ~る~・・・・あれ!歌がかわちゃったー...

詳細ページ

大宮HEARTS

昨日に引き続きライブハウスが続きます。ハーツはもうすっかりふるさとの場所です。夜8時半頃に会場に到着。もう僕の前に出演の、長田君が歌いはじめていました。そして舞台横から覗いていると、長田君も気が付いて笑顔になった。長田君が終わって、セッティングして本番。「たった一人のアンコール」にはじまり、「ラストシーン」と続いた。この時の雰囲気で、このままバラードで行こうかとも思ったが、「バラードとノリがいいのどっちがいいですか?」と聞いて、ノリのいい曲に拍手が多かったので、「ChangeMyHeart」で手拍子。話しをしている流れで、「ただ見つめてただけの初恋」を歌った。今日も予定の選曲はあったのですが、2曲目から変わってしまっていました。その場の流れに合わせて行ったのですが、曲順をもらったハーツのスタッフはびっくりでしょうね、すいません。後半もみんなで掛け合いで盛り上がり、最後は「おやすみ」で締めくくった。ハーツの渡辺さん(店長)が「ただ見つめてただけの初恋ってすごくいいね、CD買うよ」と言ってくれました。渡辺さんとの付き合いも、もう8年くらいになりますね。ハーツが出来る前、工事中に会場を見せてもらって、その頃、僕は倉川と一緒にイベントをいっぱいやっていて、ハーツが出来た時に、みんなで出演するぞ!って言って、僕らの仲間がスケジュールを埋めて行ったんです。だから本当にハーツの始まりから、ずっと出演させてもらっています。全国ツアーもハーツのバンドとしてまわらせていただいていましたから、ずっと御世話になっています。今でもソニックシティのチケットぴあの手配の協力もしていただいています。今日出演している長田君もその昔、倉川と僕がやっていたイベントに出てきたんです。当時は19歳でギターもはじめたばっかりだったけど、こうして今でもステージをやっている事が嬉しいです。僕と長田君が最後に話しをしていると、渡辺さんが来て、「時代を飛び越えたツーショットだね」と言って笑いました。やり続ける事のすばらしさ、そして常に上を見て、昨日の自分よりも素敵な今日の自分、そしてそれ以上の明日の自分を捜していく人生ってきつい時もあるけど、最高の人生だと実感した一日でした。駐車場へ行く途中に飲み屋さんがあって、屋台のように扉が全部開いていて、外には猫すけがいっぱいいるんです。それを見るといつもホッとします。「猫すけ、バイバイ!」と言って帰りました。写真:長田くんと楽屋で・・・これ撮った後「これじゃ、長田君がメインみたいじゃん」と言って笑った。...

詳細ページ