kumakuma-blog

Year 2006

東京23区7カ所目。江戸川区葛西駅

23区中の7カ所目江戸川区、葛西駅!以前、有線放送キャンペーンで来た時に駅前がすごく広い印象があって行ってみると。工事中・・・・。あまり歌えそうな場所がなかったのですが、そこで露店を出している落花生屋さんに聞いてみた。「ちゃんと挨拶に来て、スジが通ってるな! 駅を降りた真ん前でやっていいよ」と言って、一番いい場所で歌える事になった。車の音が大きくて、バスの排気ガスもあって、試練はいっぱいありましたが、歌っていると立ち止まってくれる人がいて、がんばっちゃいました。スーツを着た方が「バスを待ってたんだけど、いい声だから、引き返してきちゃったんだよ」と言ってくれました。本当に嬉しい事です。最後に握手をして「帰りが遅くなってしまったようで、すいません」と言うと「いいや、よかったよ」と言ってくれました。遠くから来てくれた方も本当にありがとうございました。最後に、落花生屋の方に挨拶に行って、あまりに落花生が美味しそうだったので、買って帰りました。葛西は隣りが千葉ですから、千葉と言えば、八街のピーナッツですもんね(笑)すごく美味しかったです。「また来いよ!歌手は大変だけどがんばれよ」という落花生屋の一言に「はい!がんばります!」と言って、葛西をあとにした。...

詳細ページ

東京23区5&6カ所目。練馬区練馬駅&板橋区成増駅

昨日のテレビの緊張感が抜けたせいか、今日は朝から声が出なかった。それでもキャンペーンはちゃんとやらなくては!!練馬駅へ向かう途中、雨が降り出した。時間までにはやめばいいな、と思っていたが、雨ではなく、あられになってしまった。しかも予想以上の大渋滞で、到着が少し遅れてしまいました。本当に申し訳ありません。10分遅れて、すぐに準備。運良く、デッキが屋根変わりになって、雨が降らない場所があった。そこで歌いはじめた。バスを待っている列があったので、そこの方達に「バスが来るまでの間、聞いてて下さい」と言った。久ぶりに来てくれた方もいて、雨と雷の練馬駅でしたが、楽しいひとときでした。今日の2カ所目は、板橋区、成増駅。環状8号を通って、国道254号を右折、環七も過ぎた当たりで駅前の商店街を見つけた。「線路の向こう側が広くなってるんですよ」以前成増で歌った事がある僕は、自信満々にスタッフに言った。所がどうやっても線路の向こうに行けない。やっと渡ったが、今度は駅が見つからなくなってしまった。一方通行や狭い住宅街を抜けて、冒険が始まった。地図を忘れて行ってしまったという事もあって、方角だけで探したのだが、やはり見つからない。線路を見つけるのだが、今度は駅がどっち方面かわからない。そんな事を繰り返しているうちに時間は過ぎて行く。60分くらい迷ったあげく、やっと駅の裏に出た。「・・・なんか前と違う感じです・・」その僕の一言が、嫌な予感を的中させた。ホームの上にぶら下がった駅名の看板を見て、唖然とした。「大山駅・・・」成増と思って、ずっとさまよっていたこの駅はなんと大山駅という所だったのです。スタッフが大急ぎで、事務所にいるスタッフに電話をして、地図を開かせた。「成増は、環八より外ですよ」「ガーン!!」頭の中で効果音が鳴り響いた。急いで254号に戻り、道を戻った。環七を越え、環八を越え、しばらく行くと「成増」という標識が出てきた。時間ぎりぎりで成増駅に到着した。以前5年くらい前に歌った場所で歌った。雨も上がり、帰宅途中の方が足を止めてくれました。制服を着た男子学生もずっと見ていてくれて、最後に一緒に写真を撮りました。最後は「ただ見つめてただけの初恋」。この時に、警備員さんが来てしまいましたが、最後まで歌わせていただけました。時間に余裕があった今日の予定でしたが、練馬も成増も大慌てでなんとか終わりました。道に迷ったあの時間は決して無駄ではないでしょう(笑)時間の使い方に無駄というものはないと思います。必ずその時間で得るものがあるのです。今日、得た物は、そうです!大山駅付近だったら、地図がなくても、詳しく説明出来ますよ!(笑)帰りに、254号から成増の商店街を振り返ると、作りが大山の商店街と、まったく一緒だった・・・。これじゃあ間違えるわけですよ。みなさんも機会があったら、成増駅と大山駅を比べてみてください。明日は迷わずに行けるでしょう、葛西でがんばります!!...

詳細ページ

お知らせ&むさしの村&県民の日スペシャル(テレ玉生放送)

23区キャンペーンの予定の追加と変更11月30日の新宿駅西口は東口に変更です12月7日 北区王子駅18:00荒川区南千住駅20:00が追加です午前中はむさしの村!本当は2回ステージだったのですが、急遽テレビが入ってしまって、1回にしていただきました。 こんな事本当は、あってはいけないのですが、むさしの村の方は「それはいい話しだ!」と喜んでくれて、ありがとうございます。お客様にもご迷惑をおかけしてしまったかもしれません、本当に申し訳ありません。11時半からのステージ。県民の日という事もあって、沢山の家族連れの方がいました。天気もよく、青空の下で歌う事が出来ました。ステージを終えて、すぐに大宮へ向かいました。県民の日スペシャル みんなで考える交通安全~飲酒運転を斬る~(テレ玉生放送)の会場は大宮駅のコンコース。行ってみると、さすがテレビが入るという事もあって、すごいセットでした。到着するとすぐにサウンドチェックになった。普段「怒られないだろうか?」という不安の中で駅で歌っているストリートライブだが、この日は、どうどうと大音量で歌えですごく気持ちよかったです。リハーサルを終えて、舞台袖に行くと、鴻巣の若者の交通安全チャリティライブの時の実行委員長と副委員長が来てました。「あれ!今日は出るの?」と僕が聞くと「はい!飲酒体験って事で、もう飲んでるんです」そうです、番組の中で飲酒をした人がどれだけバランス感覚がなくなるか、という実験をやるそうで、もうお酒を飲まされていたのです。二人とも真っ赤な顔になった所へ、さらに入って来た方にびっくり。栗橋町のクラッセの会長さんです。「あれ!今日はどうしたんですか?」と聞くと実行委員の2人と一緒に、飲酒体験をやるそうで、思わぬ所で繋がりが生まれました。鴻巣警察の方も来てくれて、なんだか同窓会みたいでワクワクでした。控え室に行き、時間になるのを待ちました。共演の方は演歌の歌手の方、そして藤岡弘さんです。藤岡さんは飲酒運転について熱血トークをするという事でした。控え室は別の部屋なのですが、どうしてもご挨拶がしたくて、スタッフと一緒に藤岡さんのお部屋を訪ねました。するとサッと立ち上がって、僕の方を向いた。僕もすぐに「今日、藤岡さんの前に歌わせていただきます、さくまひできです」と言うと、「藤岡弘です。わざわざご丁寧にありがとうございます」そして、藤岡さんから握手の手をさしのべてくれました。やっぱり大物は違います!テレビで見ている情熱的なあの藤岡さん、そのものです。ここで藤岡弘さんのホームページを紹介しますhttp://www.samurai-hiroshi.comです。是非ご覧ください。さて、時間が経つのはあっという間でいよいよ本番。ディレクターさんが迎えに来て、ステージ袖に行きました。ステージ前はもう沢山の人でした。16時をちょっとまわった時、「では、さくまさん準備をお願いします」CMの間に準備をするのだ。CMが終わり、司会の方の紹介で、「いま守りたいもの」を歌った。今回はカラオケではなく、ギター一本で歌った。リハーサルの時、うちのスタッフに「暗い感じがするよ」と言われた。それもそのはず、テレビの場合は、目の前にモニターがあって、そこに放送される映像が映るのだが、テレビ慣れしていない、さくちゃんは珍しくて見入ってしまうのです(笑)すると結果的に、ずっとうつむいている様になってしまうんです。そこで、本番の時は、テレビというより、ライブ、要するにこの会場にいるお客さんに向かって歌うような気持ちでやってみました。2曲目は「ただ見つめてただけの初恋」を歌った。そしてあっという間の10分が過ぎていった。終わった後、県警察の方に「盛り上がりましたね」と喜んでいただけて嬉しかったです。鴻巣警察の方も袖に来て、「さくまさん、よかったよ。署長に言われて写真を撮りに来たんだけど、データがいっぱいで撮れなかったよ(笑)」と言って、大笑いした。うちのカメラで撮っていたので、それを今度お渡しする約束をした。藤岡弘さんの熱血トークで番組は最高潮を迎え、17時、番組が無事終了した。エンディングの頃に会場にいた僕は、客席から見てみようと思って、前に行った。あとで聞いた話ですが、その時、着ぐるみのポッポちゃんの後ろに、無表情で通り過ぎる僕が思いっきり映っちゃってました(笑)その様子はまた後日の日記でご覧いただきましょう。終わった後は表彰式です。舞台上で感謝状をいただきました。秋のクレアこうのすから始まって、こんな素敵なイベントにも呼んでいただいて、最近本当に嬉しい事がいっぱいです。歌を通して、なにかメッセージを伝える事が出来るという事は、本当に意味のある事で、アーティストとして最高の事です。僕の歌を聞いて、少しでも交通事故が減って、尊い命が無駄に失われて行く事が防げたらと強く願っています。帰りに、実行委員長と副委員長、そして栗橋の方に挨拶に行くと、すっかり酔っぱらっていて、可笑しかった。「さくまさんが感謝状もらって、僕等こんなにがんばったのに、もらえないんですよ~」と真っ赤な顔で言ってきた。その努力は感謝状ではなく、みんなの胸にちゃんと届いたはずだよ!そう言ってはみたものの、「え~、こんなにがんばったんですよ~」と管を巻いて本当に可笑しかった。栗橋の方も、「さくまさん、若者(実行委員の2人)と交流が出来たので、これからも共にがんばって行きましょう」と、これまた、真っ赤な顔でしたが、本当に楽しそうでした。沢山の方と出会えて、そして、笑顔がいっぱいあって、それでいて、意味のあるメッセージを伝える番組に出演出来て、本当に最高の一日でした。...

詳細ページ

昨日のバラ

下の写真は1階でバラをもらってきた後です。ちょっと嬉しそうです(笑)...

詳細ページ

土浦WING

今回で3回目になります、土浦駅ビルWING。朝から天気も良くて、気分も爽快!!昨日の夜中にFMナックファイブ「ウィークエンドパーティー」に電話出演していた疲れもなくがんばれそうな予感。会場に到着してリハーサル開始。ここはレストラン街なので、ステージの周りはカレー屋さんだったり、洋食屋さんだったりなのです。ちょっと歌っていると、舞台横のレストランの方が拍手をしてくれました。毎回同じ場所でやっているので、曲まで覚えてくれていて嬉しかったです。さて、13時から本番。今日は看板タイトルに合うように、フォークコンサートで進めてみました。僕もキャンペーンというより、コンサートをやっている感じで楽しかったです。途中でリクエストを受けて「初恋」や「チャンピオン」もやりました。11月13日が茨城県民の日のようで、今日と明日で2ディズ県民の日スペシャルをやっていたのです。店内で3000円以上買い物をするとバラを一輪もらえる企画でした。2回目のステージの間に、なんとかバラを手にしたくて、若手スタッフに「なにか欲しいものない?」と聞くと、特に答えもなかったので、「じゃあ、セーターとか買ってあげようか?」という事で、2人でショッピングへ!婦人服が多いなか、メンズを探したのですが、見あたらずにインフォメーションの方に「紳士服はありますか?」と訪ねると、置いてなかったのです。さて困った。これではバラがゲット出来ない。そこで、「レディースでも着れるよね(笑)」その僕の一言で、大きめサイズのブルゾンを買ってあげる事にしました。2990円の値札だったので消費税が入れば3000円超える、と思ったが、レジに行ってびっくり。「20%オフで2391円になります」足りない分を薬局で、栄養ドリンクを買って、3000円を達成した。そして、バラをいただいて2回目のステージへ!ブルゾンを着て、栄養ドリンクを飲んだスタッフも元気いっぱい。お客さんも、始まる前から、沢山集まってくれていました。ここの会場の嬉しい所は、最初から最後までちゃんと聞いてくれる事です。途中で去って行く人がいないのです。途中で楽しいトークも入れながら、あっという間の30分。今回はWINGの中の新星堂さんが販売してくれました。「すごくいい歌だったから、孫に聞かせようと思って」と言ってCDを手にしてくれる方や、1回目のステージでCDを買ったのに、2回目に違うCDを買ってくれる方もいたり、嬉しかったです。土浦カリーというカレー屋さんも気に入ってくれて、本番の時もお店前で聞いてくれるのです。初めて土浦に来た時はどんな反応なのか不安がいっぱいでしたが、やっているうちに沢山の方が気に入ってくれて、土浦に来るのが楽しみになりました。帰るときもテナントの方がいらして握手をしました。WINGの方も本当に優しい方ばかりで、「またお願いします!」という僕の言葉に力が入ってしまいました。帰りはちょっと渋滞でしたが、今日のステージを思い出すと笑顔になれました。レディースのブルゾンがさぞ、気に入ったのか車の中でも着ていたスタッフが「富士山!」と指さしました。オレンジ色に染まった西の空にくっきりと富士山の影が雄大に浮かび上がっていました。「アチアチぃー」思わず見とれてしまって、さっき買ったマクドナルドのホットコーヒーをヒザにこぼしてしまいました。「大丈夫ですか?」「大丈夫だよ、夕日の紅の方が熱いから(笑)」笑ったスタッフが最後にこう言い返した。「いいえ、さくまさんの情熱の方が熱いんじゃないですか」「そんな事言ったって、ブルゾンの次はコートっていうわけには行かないぞー(笑)」「いいえ、ブルゾンの次はこのマックで充分です(笑)」そう言って、ハンバーガーを口にした。「それより、本当にきれいだなぁ」日曜日の夕焼けは、そんな二人の横顔を優しく照らしていた。...

詳細ページ

東京23カ所、3&4カ所目。葛飾区金町駅&足立区北千住駅

東京23区 2日目!今日の1カ所目、葛飾区、金町駅以前有線放送をまわっている時に来た以来です。なかなか金町の方にくる機会もないですからね。すっかり位置もわからなくて、地図を見てびっくり。埼玉の三郷市に近いんですね。思ったよりも早く金町駅に到着。駅の北口を見て、次に南口を見て、南口の方が広かったので場所を決めました。この場所決めが結構重要なんですよ。まず大切なのは、人の迷惑にならないか?そして目の不自由な方の点字ブロックは避けられるか? お客さん側に点字ブロックがある時はいつも注意して見ています。あとはなんと言っても、立ち止まってもらえるかどうかです。金町は人通りも多く、駅前も広くてよかったです。準備をしている時からお客さんが集まってくれました。歌い出すと、自転車の方、会社帰りの方、沢山の人が集まってくれました。おひねりまで入れてくれる方もいました。大盛況の中、金町駅を達成。そして、北千住へ!!今日の2カ所目、足立区、北千住駅。駅前がものすごく広く、2階のデッキもありストリートには最高の場所でした。到着して時間があったので、スタッフの田村さんとちょっと話しをしていました。すると今は音響をやっていますが、ギターを弾いていた時もあったそうです。「どんなジャンルですか?」と聞くと、「フュージョンです」その一言から話しがふくれあがった。実は僕もフュージョンが好きなのです。さて、ここで、第2回! さくちゃんの音楽歴話し!!前回はクィーンまで話しましたね。その後、ギターの実力をもっと上げようと思って、フュージョンを聴くようになりました。16ビートのカッティングがすっごく格好良くて、カシオペアの「アサヤケ」をコピーしたり、高中正義さんの虹伝説を耳コピー(楽譜が売ってないものは、CDを聞いて、弾いている音を一つ一つ探して演奏する)したりしました。そして、田村直美さんがソロになる前にやっていたバンド「パール」のギター、大橋イサムさんに弟子入り。なぜ大橋さんかというと、パールってバンドがデビュー前に吹上のスタジオで合宿してたのです。その頃からの知り合いなんです。その頃の大橋さんは松岡直也グループにいて、まさにフュージョン界では一流のギターリストでした。その機材を運んだり、セットしたり、チューニングしたり、コンサート中は袖でずっと待機して、弦が切れたりしたら、すぐに持ち変えして、その曲が終わるまでに、切れたギターの弦を張り変える。教わるのではなく、その人についてギターのテクニックを盗んで行く。だからいつでも目を輝かせてステージ袖にいたんです。その後やっていたジプシーってバンドは、まさにフュージョンに歌がのったようなサウンドでした。色々な音楽をやってみて、たどり着いたのが、バラード、そして、心が温かくなるサウンドでした。音楽って、色々ジャンルがあるけど、それを奏でる人の気持ちが音楽なのかもしれませんね。田村さん曰く、「さくまさんのストリートライブ見てると、やっぱり他の人とは違うのがわかりますよ、ギターもなにげなく弾いてますけど、わかる人が見ると明らかに、この人ギターめちゃ上手い人だなってわかります」なんて言ってくれました。さて、ちょっと早めに準備をして北千住駅のデッキで歌い出すと、みるみる沢山の人が集まってくれました。隣には大道芸をやっている人や、ダンスの練習をしている人、まさにストリートのメッカですね。途中で70年代の歌をやると、たちまち会社帰りの方が足を止めてくれて、中には歌に酔いしれている人もいました。そして最後は「ただ見つめてただけの初恋」を歌った。誰一人立ち去る人もいなくて、最後まで聞いてくれました。一人のサラリーマンの方が、すっと旗を見て、「風向きで反対に見えちゃうんだな」と言いながら、しばらく旗を見て語っていました。はじめて出会う人と、そんな風に会話が出来るのもストリートライブの良さですよね。CDを手にしてくれた方で「これカラオケに入ってる?」と聞いてくる方がいました。「機種によってですが、ウガか、ジョイサウンドなら入ってます」と言ったら、「歌いますよ」と言って帰っていきました。カラオケで僕の歌が広まっていくのも、また嬉しい事ですね。これで4カ所やってみましたが、だんだんと良くなっています!全国をまわっていた頃のストリート感覚も取り戻してきました。これからもがんばっていきますよ~!!帰り道、バックミラーを見ると、来るときは賑やかで冷たく見えた北千住駅が、ものすごく穏やかで温かく映っていました。またいつか歌いたいですね、金町も北千住も。...

詳細ページ

東京23区1&2カ所目杉並区荻窪駅&中野区中野駅

いよいよはじまった「ただ見つめてただけの初恋 東京全区23カ所ライブキャンペーン」その初日。今日の1カ所目、杉並区の荻窪駅。音響スタッフをやってくれている方がなんと荻窪に住んでいるので、歌えそうな場所を予め聞いておきました。気合いを入れて、準備をしていると、「ここでは歌えないですよ」とショッピングセンターの方に言われてしまいました。でもその方丁寧な方で、見に来てくれたお客さんにまで「せっかく来ていただいたのにすいませんね」と言ってくれました。駅の反対側に移動したものの、あまり歌えそうなスペースがありませんでした。でも、なんとか駅の階段を上がりきった所で準備をしてスタート!!みなさん忙しいのでしょう。なかなか立ち止まってくれる人も少なかったです。でも、横断歩道を渡る所で振り返ったまま、しばらく聞いてくれる方がいたり、通りがかって足を止めてくれる方もいました。お仕事を休んで来てくれる方もいて、なんとか無事に1カ所目が終了。埼玉の時と同じく、23区の地図を赤く塗りました。今日の2カ所目、中野区、中野駅。中野サンプラザで歌った2年前を想い出しました。大林宣彦監督と一緒にチャリティーコンサートに出たんですよ。そんな縁のある中野は人が沢山でした。どこで歌うかを考えていて、駅の真ん前もいいけど、ちょっと人が立ち止まりやすい場所もいいかな、という事で、サンロードという商店街で歌う事にしました。急な打合せが入ってしまい、はじめる時間も随分遅くなってしまいました。待っていてくださった方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。お待たせしてしまってすいません。歌い出すと、声が商店街に響く。「これだ!ストリートライブだ!」心の中で全国のストリートライブをやった感覚がよみがえってきました。次々に足を止めてくれる方。最後は半円のようになって、みんなで聞いてくれました。初日から、沢山の出会いがあって、これからの21カ所が楽しみです!...

詳細ページ

クマクマパラダイス!&会報の補足

クマクマパラダイスも放送開始した2005年12月24日から早いもので、もうすぐ1年ですよ。最近は本当に沢山の方がサテライトスタジオに集まってくれて、嬉しいです。寒い季節になるので、暖かい格好でいらしてくださいね。5時に番組が終わって、阿部のりこさんと入れ変えなのですが、阿部さんが違う時間帯に移るので、次に月曜5時からを担当するメーベさんという男性と会いました。そして、5時からのトワイライトアベニューは2人でやるらしく、しかも鴻巣出身のアーティスト、アルテのユキちゃんがゲストで来るという事だったのです。クマクマが終わって、5階の事務所に行くと、ユキちゃんがギターを持って練習していました。ユキちゃんとは鴻巣のイベントで一緒に出たり、所沢の航空記念公園でも一緒に出たりして、なにかとお互い知っているのですが、ちゃんと歌を聴いた事がなかったので、今日は生歌を聴いてから帰ろうときめました。サテライトにユキちゃんも入って、放送開始。僕はちょっとしてから、サテライトの外で座って見ていました。たまにADさんみたいに、紙を出したりして、面白い事をしていたら、スタジオ内も大爆笑。しまいには阿部さんに「さくまさん!いいかげんスタジオの中に来てください」と言われて、なんと4人での放送。ずっと爆笑のままの放送でした。そしてユキちゃんの歌をやっと聴くことが出来て、阿部さんが「さくまさんどうですか?」なんて聞くから「よかったですよ、やっぱりストリートライブに慣れてるっていう事もあって、声の魅力みたいなものがちゃんとあって・・・・あれ!僕、評論家みたいですね(笑)」本当に笑いの絶えない時間でした。恋愛についての話しや、落ち込んだ時の話し。落ち込んだ時は、アーティストとMCさんで意見が分かれて、僕とゆきちゃんは「自然を見たりして、心を落ち着かせる」という意見で、阿部さんとメーベさんは「赤ちょうちんに飲みに行く、パチンコに行く」という意見。結局最後まで4人でお届けしたトワイライトアベニューでした。7時ちょっと前に、ファンの方が来てくれました。お仕事で帰りにフラワーラジオを付けて、まさかクマクマ終わっちゃったから、もうさくまさん出てないよな」と思ったら出ていたので、途中の駅から引き返して来てくれたそうです。本当に嬉しい事です。今日は結局4時間、フラワーラジオに出ちゃいました。まさか出る予定ではなかったので、クマクマを見て帰ってしまった方、すいませんでした。こうやってフラワーラジオが沢山の方に聞いていただけるようになってきて、僕も嬉しいです。これからも楽しく、そしてタメになって、そして感動出来る放送を目指してがんばります。ファンクラブの会報もやっと完成!一つだけ、抜けていた文字があったので、書いて置きます。「こだわりの一品」星の王子様ハンカチの所の、最後の2行が抜けていました。*2回目、ライブ終了後のホテルルートインのお部屋から生放送でさくまがお届けしました。3回目、本番前にはちゃんと起こしてもらえるのでしょうか・・・?ちょっと仮眠しまーZzz・・・。夢はもちろん「星の王子様!」明日からいよいよ東京23区をまわるキャンペーンです!18:00荻窪駅 20:30中野駅です!がんばります写真:ストゥーキーのマスターの肩もみ。コンサート中に歌の中で「肩もみしますー」って歌ってしまったので、ステージ終了後約束を果たしました。...

詳細ページ

小川町 ストゥーキー

今回でなんと10回目になるストゥーキー。しかも今日は特別な日です! それは、なんとマスターの結婚記念日なんです!!おめでとうございます!!昼間は天気がよくて、ちょっと汗ばむ感じでしたが、さすがに陽が落ちると寒くなってくる季節です。お客さんも満席で、本当にありがたい事です。第一部はいつもバラードなのですが、今回は特に分けずに、季節をテーマにやってみました。いつもは40分くらいの第一部なのですが、今回は選曲をしている時に、どうしても季節をテーマにすると曲数が増えてしまって、いつもより長くやる事にしました。「Sayfarewell」「いつもと変わらない街」と春の歌ではじまって、「SweetFlower~さくら色~」で盛り上がった。「usuallove」から夏の歌になり、ジプシー時代の歌「夏の終わり」を歌い、「少年」。この少年を歌うと何故か昔すんでいた自分の部屋の夕陽を想い出すんです。そして、「friend」「ラストシーン」で秋の歌になり。最後は冬の歌「こな雪はスローモーション」「オリオン」です。この60分間で四季を旅してもらいました。歌っている僕もそれぞれの季節を感じる事が出来て、改めて歌って情景を連れてくるものだなって思いました。第二部は「スクラップカーブルース」ではじまった。いつもステージドリンクをマスターが持って来てくれるのだが、これが笑いのポイントで、前回は確かイカのとっくり!これは時間が経つと水にイカ味が付いてしまって、すごかった! 今回は、なんと黒い漆塗りの升(ます)でした。升っていうのも、お酒をゆっくり飲む時はいいのでしょうけど、ライブ中に、サッと飲むには、角っこを探すのが大変で、口から升に行ってしまいますね(笑)途中でマスターを紹介して、結婚記念日という事で1曲歌っていただきました。また、この歌がすごくいい歌で、ステージ袖で聞いていたのですが、涙が出ました。マスターの為に心を込めて「記念日」を歌って、後半!アンコールもいただき、最後の最後は「宝物」という歌を歌いました。子供の頃は「宝物」っていっぱいあった気がしますが、大人になるとなんだか、そんな感覚が少なくなってしまいます。でもきっとあるはずです。物かもしれない、人かもしれない、形のないものかもしれない、でもたまに、「自分の宝物ってなんなのかな?」って考えてみるのもいいのでしょうね。マスターの宝物は奥さんですねそして、お子さんですね。お店ももちろん宝物ですよね。僕の宝物は・・・・。みなさんも自分の宝物、是非探して見てください。今日は特別な日だったので、マスターがケーキを用意してくれました。終わった後に僕もいただいたのですが、すっごく美味しかったですね。さて、次回は1月の7日です。新年という事で、おしるこが用意されまーす!チケットの発売はLIVEの項目を参照にしてください。結婚記念日って本当にいいですよね、誰にも邪魔されない、2人だけの大切な日。マスター、これからもお幸せに!!...

詳細ページ

イール妻沼10周年記念祭 2日目

2日目です!昨日よりも天気は曇りがちでしたが、雨は降らずにすみました。今日はトップバッターが僕ではなく、地元の八木節が10時から。その後に僕の出番でした。2日間あると2日目は変な緊張感もなく、最初からいつもの調子になります。司会もフラワーラジオで僕の次の番組をやっている阿部のりこさんでしたので、トークもばっちりでした。休憩中、ジュースを買いにお店の方に行くと、男性のお客さんとばったり会って、「さくまさんのライブビデオ見たんですけど、エレキギター弾いてる姿ってすごくロックですよね」という会話になった。ではここで僕の音楽ルーツをちょっと紹介しましょう。少年時代は父の影響でレコードのカラオケで「白い花が咲く頃」とかを歌って、カセットに録音して聞いていました。その後さだまさしさんの歌に心を打たれた小学時代。そして、ビジュアルのカッコ良さに憧れたアルフィー(特に高見沢さん)。あの頃はライブの時にスパッツをはいて、白いロンドンブーツを履いて、髪を背中まで伸ばして、赤いフライングVのエレキを弾いていました。そして、さらにテクニックの高いギターに憧れて、ラウドネス、アースシャイカー等の日本のヘヴィーメタルをコピーする。ライトハンド奏法やタッピング奏法が出来るようになると嬉しかったものです。その頃作っていた楽曲はハードロックでしたね(笑)「傷ついたガラス玉のように、錆びた街・・・」みたいな歌詞でした。アーム(ギターのブリッジに付いている、音程を変える装置)も使いまくってましたね。あの頃は早く弾くって事がすべてだと思っていましたね(笑)その後、洋楽のロックに憧れて、ナイトレンジャーというグループをよくコピーしてました。8フィンガーライトハンドって技があって、それも徹夜で練習してましたよ。そのグループはギターリストが2人いるのですが、もう一人のブラッドギルスって人は、ボリューム奏法やアーミングの達人で、それもよく徹夜で学んでましたよ。ライブビデオを必死に見てね。同じ頃に、レッドツェッペリンやディープパープル、クリーム、イングヴェイマルムスティーン、ジェネシス、イーグルス、ザフー等に憧れましたね。中でも楽器のテクニックも去ることながら、詩と曲、そしてボーカルのすごさで大好きになったのがクィーンでした。クィーンは転調や変拍子を使うのですが、自然で、そしてメロディーが綺麗なんです。テープを何度も聞いて、どうやったらこんなメロディーが出来るんだろうって、すり切れる程聞いてました。ギターリストのブライアンメイって人の音もすっごく特徴があって、その答えを知った時は感激しました。それはギターは普通ピックというもので弾くのですが、この人はなんとコインで弾いているんです。日本に来た時に、「どのコインが使いやすいか?」という質問に、50円玉と応えていました。要するにあのギザギザを弦にこすりつける技なんです。それ以来僕も50円玉で弾いていた時期がありました(影響受けやすくてすいません・・)さて、さくまひでき音楽歴はまた次回お届けします。という事で、2回目のステージもがんばりました。プリキュアのショーがあったので、子供達がもう集まっていて、マイクを向けたりして楽しんじゃいました。2回目のステージの時は、僕の歌の先生、吉野先生がいらっしゃっていて、ちょっと緊張でした。サイン会も終わって、司会の阿部さんに「さくまさんでした、盛大な拍手でお送りください」って言われ、調子よく手を降って帰ろうとしたその時。「がんばれよ!」とちびっ子に大声で言われてしまいました。「がんばるよ!」と僕も言い返して、ステージをおりると、スタッフは裏で大爆笑でした。こうして2日間のステージが終わりました。イール妻沼の方々に「またお願いします」と言っていただけて良かったです。!!!そうだ!ものすごい大音量のポン菓子!! 食べるの忘れた!!今度いつ食べる機会があるかな?また、あるよね! イベント大好きさくちゃんですから!...

詳細ページ