kumakuma-blog

東京23区、21、22カ所目、中央区お台場&墨田区錦糸町駅

中央区は東京の真ん中になるのですが、銀座とかになってしまうのです。
銀座だとストリートライブは難しいので、どうしようか迷っていたら、お台場が中央区だという事に気が付いた。
「ここだ!」

そして、海浜公園に決めた。
一昨年の夏に、お台場冒険王というイベントがって、船乗り場のデッキの特設ステージでライブをやった事があったのです。
今回は、その近辺の、砂浜で歌う事にしました。

僕の後ろにはレインボーブリッジが綺麗に見える、しかも4時からだったので、夕日がすっごく綺麗でした。

観光で来ている方が、ビデオを撮っていました。
東京土産にさくまひできのライブを撮って帰ってもらえるなんて嬉しいですよね。

お客さんも集まってきて、ロマンチックなこの場所で、堂々と歌っていると、自転車で管理の人が来てしまいました。

中途半端で終わってしまうのも残念だったので、最後に一曲だけ「ただ見つめてただけの初恋」を歌って終わる事にしました。
お台場と言っても広いですから、場所がわからなくて来れなかった方もいたようです、この場を借りて深くお詫び申し上げます。
せっかく遠くまで来てくれたのに、本当にすいませんです。

今日の2カ所目は、錦糸町。
本当はアルカキットでの予定でしたが、前回雨で中止になってしまったので、予定が立たず駅でのストリートになりました。

アルカキットとは反対側の駅前が広くなっていて、そこのど真ん中で準備をしました。
準備をしている時から、一人の男性がのぼり旗をのぞき込んでいたので、「こんばんは!」と僕が言った。
すると立ち止まってくれたので、まだ完全な準備が整ってなかったのですが、「ただ見つめてただけの初恋」を生で歌いました。
そして、準備をして歌い出すとどんどん人が集まってきました。

このストリートライブっていうのは、不思議なもので、準備をしている時は、「ここで歌って大丈夫かな?」とか、今見えている駅前の景色の中で歌う自分が想像できないのです。
そして、歌い出して、お客さんが集まり出すと、どんどん心が燃えてくるのです。
「ここで歌って大丈夫かな?」なんて事は完全に忘れていますね(笑)
逆に、忙しいのに足を止めてくれたのだから、最高の歌を届けようと思うのです。

途中でクリスマスが近いという事で、ワムの「ラストクリスマス」を歌った。
これがまた、イルミネーションとマッチするんですねー。
これからこの歌もレパートリーに入れるといい感じだなって思ったのですが、
それに気が付いた時には、もう23区も終わりなんですけどね(笑)

終わる頃に、遠くからドラムも入ったバンドの音が聞こえてきました。
バンドでの路上ライブがはじまったのです。
錦糸町っていいですね、ストリートライブが出来るのですね。
しかも、そのバンドもカバーとかやっているのですが、すっごく上手かったですね。

僕ももっともっと磨きをかけないとって思いました。

錦糸町もお台場も今日は楽しかったです。
お台場の時、見ている人からは、レインボーブリッジが見えていたのですが、僕からは、見てくれている方の姿と、フジテレビのビルが見えていました。

いつかテレビに出て、「実はすぐそこの、砂浜で歌った頃があるんです!」なんて話が出きる日が早く来るように、がんばります。

これで23カ所中、22カ所が終わりました。
思えばあっという間でした。
でも、反応がいい、悪いは別にして、自分自身を磨ける期間でした。

あとは、21日、渋谷区原宿ペニーレーンを残すのみとなりました。
最後は90分くらいのステージです。
2ヶ月間の想い出を噛みしめて、最高のステージにします!



"
< Previous Article    To List    Next Article >