kumakuma-blog

むさしの村 さくま

今日は連休の真ん中!しかもいい天気と言うことで、今までむさしの村でやった中では、最高のお客様の数で、コーヒーカップやあらゆる乗り物が行列。
僕らのステージを見る人も沢山いて嬉しかったです。
セットを終えて、リハーサルをして、1回目がいつもより早く12時から。
モニターの調子が悪く、なんとなくやりずらい演奏も、たくさん見ているお客さんの輝いた目がカバーしてくれました。
CDもすごい勢いで買っていただき、「さよならも言えなくて」が完売するありさまでした。
2回目はチャーリーの家族の人が見にきてくれて、紹介までしてしまいました。
弟さんは僕とおなじ年でしかもお子さんまでいて、そう考えると、僕は・・・・。
まーいいかって事で。
そして僕の父は加須の人で母は羽生でと言って、自分を紹介した。
天気もよかったせいか、本当にみんな盛り上がってくれた。途中小野が首にかけているおもちゃが、気になって実演してもらったり、と色とりどりのステージでした。
終わってから片づけをして、むさしの村の担当の人と話をした。いつになく疲れていて「今日は最高の入りだよ」なんて、嬉しい悲鳴を言っていました。「ストローの方もばっちりでした!」と話して、すぐに次回の予定を決めた。12月23日にクリスマスコンサートにしましょうと提案して、決定した。
最近よく思うのが、昨日も今日もだが、上はおばあちゃんまで、下は小さい子供まで、たくさんの人に愛されるストローってすごいなー と自分で思ってしまった。同時にそんな人が、みんな喜んでくれる、そして幸せになってくれる歌を、これからも作って行きたいと思った。
お客様が「ストロー」という存在を作ってくれる限り、がんばります。

"
< Previous Article    To List    Next Article >