kumakuma-blog

11.8.21 イオン姫路リバーシティ 24時間テレビの日チャリティライブ



イオンモール羽生のライブを終えて、そのまま
車を走らせて、夜中2時に姫路に到着!



駅前にドーミーインっていうのがあって
そこはお風呂があるんで好きなんですよね~

長距離を走ってきたので、湯船につかっていると
まだ体が振動しているような錯覚をするんですよね(笑)
でも、疲れがなんとか取れました。

そして、出発!
イオン姫路リバーシティさんです!

今年で3年目。



最初に出た時は、ライブをやる感じではなかったのですが、そこで
お願いして歌わせていただいて
その後は恒例になって、出演させていただける事になりました。

昨年は関西で大人気の秋休さんとご一緒させていただきまして
今年はそよかぜさん、
全国キャンペーンをやっている僕としては、そよかぜさんのお名前はずっと拝見させていただいておりまして、いつかご一緒できたらと思っていたので
今日はすっごく楽しみでした。

11時ちょっと前に会場へ到着すると
丁度そよかぜさんのライブがはじまる所でした。

曲もいいして、歌詞もいいなって思って見ていました。
ガットギターの音色もなんだかすごく新鮮でした。

トークもすごく楽しい感じでした。

13時から僕のステージです。
「枯れない花」「サヨナラの予感」という流れではじまりました。

途中はリクエストコーナー
イオンの方が続々と手を挙げて、リクエストに答えていきました。
お客様もリクエストしてくださり、盛り上がりました。

後半は「o me de toのうた」でノリノリ!
最後は「命」を歌いました。

15時のステージの前に関西に行ったら必ず食べる
高野豆腐を食べました。
総菜の所に必ず高野豆腐があるんです。
これは関東ではあまりみかけないですからね。

2回目のステージも楽しかったです。

「感動しますよ」って声をかけてくださる方もいて嬉しかったです
あとは「隣の芝生は青く見えなかった、聞きたいな」って言ってくださる方もいて
その方は昨年もその前も見てくださっていて、この日に僕のライブを観にくる予定をたててくださっていたんです。

小さな女の子さんが扇子を買ってくれて
その子が「きょねんもきてくれたよね」って言った時に嬉しくなりました。
こんな小さなファンが一年も待ってくれているんだって嬉しかったです。



昨日の羽生にも来てくださった関西の方もまた来てくれました。

関西ファンの方にも会えて嬉しかったです。

17時からはそよかぜさんとジョイント。
「なにやりましょうか?」と楽屋で相談して
一緒に練習。
いつもは一人でやっている僕ですが
こうして、「ここはこうで、ここからこう行って・・・」ってやっていると
なんだかグループをやっているようで
すごく楽しい時間でした。




17時になりステージへ
そよかぜさん3人と僕で4人になったステージ。
最初は尾崎さんの「I LOVE YOU」を歌いました。
そして、掛け合いのトークをして「サライ」

最後に僕のお願いでそよかぜさんの「空に向かって」を一緒に歌わせていただきました。
今日一日、このメロが頭からはなれなくて、一緒に歌わせていただいて嬉しかったです。

長年歌を続けている僕にとっても
この歌詞がすごく共感できて、それを一緒に歌う事ができて
本当に貴重な一日になりました。

イオンの方も帰りに「さくまさんええは~また来年もお願いしますね」って声をかけていただき本当に嬉しかったです。

今日のCDの売上を一部ですが
24時間テレビのチャリティボックスに入れさせていただいて
夕方のイオン姫路をあとにしました。

羽生と姫路、
すごく遠いけどこれからも
24時間テレビの日は
この2ヶ所ではやり続けていきたいと思いました。

帰りの諏訪湖でいつもの野沢菜めしを食べて帰りました。



徳光さんも完走して、人はやろうと思えば出来るって思いました。

徳光さんの最後に言っていた言葉が胸に残っています
「自分が出来る事を考えながら人は行動をしていくけど、出来るかどうかわからない事に立ち向かって行く事も時には大切だ」という言葉。

いつからか人は、自分の限界点を把握した気になって
出来る事と出来ない事の間に線をひいているように思います。

でも生まれてきた時は、出来るか出来ないかわからない事ばかりだったはず
そこに立ち向かって行った。
今の僕はどうだろう?
なんだかその線をひきはじめているような気がした。

でも、こんな線、必要ないって事を実感しました。

これからは出来るか出来ないかわからない事にも
どんどんトライして行きたいと思っています!!

さくまひでき39歳!がんばります!!


(Tシャツにサイン)





< Previous Article    To List    Next Article >