kumakuma-blog

(本文)09.12.23 ホテルルートイン羽生 華のゆ


今年は夏と秋と冬と3つの季節で歌わせていただきました、華のゆです。

クリスマスイブのイブという事もあって、あったかいナンバーを取りそろえてみました。

今日は久しぶりにマーチンのギターだったので、音のチェックを客席に出てやっていました。
案外指で弾くといい音がして、調子にのって、客席にマイクスタンドを持ってきて、そこに座って、ずっと歌っていました。

メインスピーカーからの音で歌うって事はないので、いつもモニタースピーカーを聞いて歌ってますからね。

なので、ステージに向かって歌う感じは、最高でした。

普段やらないような歌を、続々とリハーサルだというのに歌ってしまいました。

そのうち、沢山の方が集まってきて、僕の周りに座って、みなさん聞いてくださいました。

13時からが一回目です。

ギターのみで、しかも指で弾くアルペジオで「ありがとう」そしてそれに対して、切ないバラード「足でまとい」を歌いました。
リクエストも盛り上がりました。
後半は「玉次郎がやってきた」で玉次郎と玉姫が登場!
盛り上がりました。

2回目は16時からです。
途中、お昼でざるそばをいただきました。
一階の花茶屋さんのです。
これ、つゆもおいしくって、そばもおいしくって、さらに豆腐のサラダまで頼んでしまって、昼も夜もざるそばをいただきました。

さて、蕎麦パワーで2回目のステージは
「Forever」「この愛のエンディング」と歌いました。

3回目は「こな雪はスローモーション」「さよならも言えなくて」

ここまで曲名を見ていただいてわかるかもしれませんが、あたたかい前向きなラブソングと、別れの切ないラブソングを毎回続けて2曲歌っていたんです。

僕の最近気がついた事は、死にたいくらいの、失恋経験がいっぱいあるので、
やっぱり切ない歌は説得力があるのだと感じたんです。
なので、クリスマスですが、あったかい歌と切ない歌を交互にお届けしました。
でも、切ない歌も、それを聴いて暖かい気持ちになってほしいというメッセージなんです。
だれも、「人を本気で悲しい思いにさせよう」なんて思っているシンガーソングライターはいないんですから。

でも4回目だけは暖かい歌を2曲でした。
ソデに以前、華のゆにいた男性従業員の方が遊びに来ていて、「さくまさん、明日から歌ってもらえないんですか?」と言ったんです。
なんでCDになってない歌を知っているのかな?って思ったら、FMナックファイブを聞いてくださったようで、そこでワンコーラスだけ歌ったんですよね。

そのリクエストをうけて、「聖夜」そして「明日から」をフルコーラスで歌いました。
この男性従業員の方には彼女がいて、二人がすごく仲がいいのは知っていたので、歌いながら二人の事を考えて
僕まで涙が出るような感じのあったかさで歌う事が出来ました。

羽生市のイメージソング「羽をひろげて」も披露して、4回という長いステージが終わりました。

その後はキベッチとサクマッチのビンゴ大会でした。
会場は沢山のお客様がビンゴカードを持って熱気に包まれました。

ルーレットがまわり、ビンゴ開始!
僕もカードを買ったので、司会をやりながら一緒に楽しみました。

そして、一等の自転車をなんと、僕のファンクラブの方が、ゲット!
これはうれしかったですね。
僕も景品として、さくまひでき2010年カレンダーを提供したのですが、これもまたファンクラブの方がゲットでした。

最後の2品になった時に、カビキラーとシャンプーの詰め替え用のポンプだったので、ちょっと寂しいので、僕からまたCDを両方におつけしました。

こうして、2時間にわたるビンゴ大会が終了しました。
僕のカードは最後の最後にビンゴしたのですが、当選の方が沢山いたので、お譲りしました。

この後は岐阜にETC割引を使って出発しようと思っていたのですが
あきらめモードでした(涙)

でも今日も沢山の出会い、再会がありました。
「涙が出たよ」と言ってCDを手にしてくださる方が沢山いて、さらにカラオケ大会のエントリーしている方や、グランドチャンピオンに輝いた方もいらしゃっていました。
そして、メルヘンの岡戸先生も来てくださって、鴻巣警察交通課の課長さんだった方(いま守りたいの時にこの方に出会えたから、今でも交通安全のライブをやらせていただいている、すごく大切な方です)の関係の方も来てくださって
笑顔いっぱいの一日でした。

クリスマスイブのイブですが、
一足先にクリスマスを味わえた一日でした。
< Previous Article    To List    Next Article >